26歳女性です。私は他の人と比べると、生理に関する悩みは少ない方です。いわゆる頭痛や腹痛などの生理痛やおりものの異常、無月経などはほとんど経験したことはありません。しかし、やはり生理前になると体と心の変化は少なからず感じています。私が経験している生理前の不調は以下の3つです。

 

■常に眠い
 生理が始まる3〜5日前から起きる不調で、この不調が3つのうち一番の悩みの種となっています。ほぼ1日中とにかく眠いです。生あくびも頻繁に出ます。もうすぐ生理が始まる頃だなと認識しています。しかも寝ても全くすっきりと目覚めることが出来ず、ほぼぼーっとしています。休みの日ならば日中ずっと眠っていますが、平日は仕事のためそうはいきません。
 この眠気対策のために仕事中はガムを噛んだり、コーヒーや緑茶などでカフェインをとったりと、今までがんばって色々試してきました。が、実際はあまり効果がありません。なので仕事中は、とりあえず極力デスクワークを避けて作業などに徹しています。どうしても眠たくなったら、トイレに駆け込んで目覚ましをかけて10分程度仮眠をとらせてもらっています。

 

■食欲が増す
 生理が始まる2,3日前から生理中もずっと起こる不調です。お腹が空いている空いていないに関わらず、常に何か口寂しいなーと思ってしまいます。またとにかく胃袋が絶好調になります。特に、チョコレートなどの甘い物が食べたくなり、辛い物と甘い物の無限ループを繰り返したりしていました。なので生理が終わったころには必ず1~2kg太ってしまいます。特に20歳前後の頃はひどかったです。生理中の食欲をそのまま引きずることが多かったので、1年間で10kg太ってしまったことがあります。
 今は胃袋が年を取ったのか、暴飲暴食したいと思っても意外と食べれず、次の日には胃もたれしてしまうため、自然と体重も減ってしまいました。でも、何か食べたいなーとは思います。この対策は、女子の永遠の悩みだと思うので意識を高くするのみですね。

 

■イライラする
 生理が始まる2,3日前から起こる不調です。これは食欲の不調とも関連しますが、甘い物が食べたくてイライラしたり、暴飲暴食する自分にイライラしたりしてしまいます。
 10代の頃は罪悪感がひどかったので余計にイライラしていましたが、今は「生理だから仕方ない、終わったらダイエットすればいい〜」という気楽に考えるようにしています。

 

以上が、私が経験している生理前の3つの不調です。これからもこの不調を思く考えず、気楽に付き合っていきたいなと思っています。