私には、生理の1週間前に必ず生理前緊張症の症状が訪れます。

 

 

●肩と腰にくる重い痛み

 

生理の一週間前になると肩・背中・腰の神経に結構な痛みがきます。マッサージをしても改善されず、鎮痛剤を服用するほどです。
今現在、オフィスワークの仕事なのですが、痛みがひどくてじっと座っていられず、端から見たら落ち着きのない人だと思われてそうで情けない気持ちになることもあります。

 

 

●食欲不振

 

貧血時のような気分の悪さが現れます。冷や汗をかいて、顔が真っ青になることもあります。
波があり、その状態がひどいときには食欲が低下します。めまいが起きることもあり、吐き気を伴うこともあります。

 

 

●胸の痛み

 

胸が張って少し大きくなり、ズキズキと痛みます。また、乳房が敏感になり、掻痒感を感じます。

 

 

●吹き出物

 

顔全体に、特に私の場合は額に沢山吹き出物ができます。ただブツブツしてるのではなく、痛みの走る吹き出物です。生理が終わると自然に消えるのですが、お化粧のノリも悪くなりますし、外見が汚くなってしまいます。また、お肌自体も敏感になっていて、毎日使用している化粧水さえも付けるとピリピリとした痛みを感じます。

 

 

●心の闇

 

無性にイライラしたり、漠然とした悲しさが突然襲ってきてわけもなく泣いてしまったりします。また、ひどく落ち込んでしまったり、絶望感でいっぱいになり、やる気を失ってしまいます。そのような心の闇は自身でコントロールすることができず、身近にいる家族や恋人にぶつけてしまったり。生理前の症状とはいえ、他人に当たることはしたくない!と思っていても、どうしても抑えられなかったりします。

 

 

まとめ

 

 

このような症状は、良くいえば順調に生理がくるというサインでもありますが、毎回必ずといっていいほど現れるのですごく憂鬱になります。また、周囲になかなか似たようなひどい症状の出る仲間もいないため、理解されないことが多く、毎月つらいです。私の母は、私が毎月「またきてる…」と話すので理解してくれています。しかし、母はこのような症状が起きなかった人なので、やはり話を聞くことだけでは根本的な部分では理解しがたいのではないかな…と、思います。
鎮痛剤やめまいの薬は、よほどひどい時や仕事の日だけ飲むようにしてますが、あまり飲みたくはないものです。
改善できる治療法もあるとは思いますが、できれば食生活の見直しや普段の生活を規則正しくすることで緩和させ、治していけたらいいな、と思っています。