付き合っている中で、お互い好きで好きでたまらないくらい愛していても、気持ちがすれ違って、喧嘩をしてしまうことって必ずあります。つい、自分の気持ちに先走り思ってもいないことまで彼にいってしまうこともあります。それば全部好きだからそうなってしまうと思うんです。男と女は、違います。好き同士いても、全て100%わかり合うことなんてできないんだと思うことで少しは彼の味方が変わり、喧嘩をしても解決方法をしっかり考えることができます。例えば、彼氏が他の女の子と仲良くしていたとすると、それはそれは、彼女は深く傷つきます。でも
彼氏のことを信じていれば、傷つい加減は変わってきます。なかなかできないと思いますが、彼氏が浮気性であれば別ですが、彼氏だって一人の人間です。「なんなの?あの女は?」ときつい言葉で言われると嫌な気持ちになります。もしかしたら一生懸命相談に乗っていたかもしれません。そして、いやかもしれませんが、少しだけ遊んでいたとしても、何も無かったことのように、優しくすることも一つの手段です。本当に好きで、大切に思っている彼氏なら必ず気づきます。きつく相手のことを憶測で物をいってしまうから、喧嘩になると思うんです。そうではなくまずは自分の気持ちを押し付けるのではなく、悲しいなら悲しいと堂々と素直に言うと喧嘩になったときでも、彼氏が気づいてくれます。自分だけの一人でいてほしいと思いがちですが、やっぱり男の人は冒険をしたくなることも多いようなので、心を広く持つことで、傷つき度は少なくなります。そして、自分の思いは苦しいかもしれませんが、ぐっと抑え、「どうしてそうなったのか」相手の気持ちをまず聞きいれることも一つです。「どんなことでも私は受け止める」くらいの気持ちでいることが喧嘩をしてもすぐに仲直りできます。そして、LINEや、メールや電話などではなく、会って話すことが必要です。「もういい」の一言も禁句です。言葉では表せれないほどのぎくしゃくした、ほつれた糸のようになってしまった喧嘩でも、素直に気持ちを言い合うことで、絶対に仲直りできます。ちなみに、実体験ですが、付き合って3年目の年に彼氏に浮気をされました。その時、私は仕事がうまく行かず、彼氏とあっても元気がありませんでした。そこで支えて欲しいと思っていましたが、そうではなく、仕事は仕事と割り切って彼氏との時間を楽しめばよかったとあとあと反省はしていますが、そのことで、私といると息がつまるようになったみたいで、彼氏は他の女の子と遊びました。そのことを知ってしまった時はショックでしたが、「私が悪かったよね。ごめんね」と泣きながらいいました。でも、「彼氏は私と別れたいために女の子と遊んだ」といわれました。そこから6時間くらい話して、すぐに別れるのではなく時間が欲しいことを話し、喧嘩になりながらでも、その場は終息しました。それから、私は彼氏の喜ぶ話や、服装やとにかく彼氏が好きだったので、夢中になって努力しました。そして、「10パーセント好きでいてくれるだけでいい」「90パーセント私が彼氏に好きをあげる」と言う言葉で仲直りしました。いろんなカップルがいるとは思いますが、好きならとことん、ぶつかり、ぶつかることを恐れず言い合うことが必要です。本当に必要な相手なら別れません。私はその後3年後に結婚しました。付き合って6年後の記念日にゴールインです。今では子どもがいます。来年出会って10年になります。彼氏が旦那さんになったのです。あの時の大きな喧嘩が人生を大きく変えたと言っても過言ではありません。旦那さんは、彼氏だったときのおもかげがないくらい、一家の大黒柱としてしっかり働いて家事も手伝ってくれ、育児も私より丁寧です。今ではあの時の喧嘩が笑い話です。本当に頭が上がりません。喧嘩で良い方向へ進ませるかどうかは運もあるかもしれませんが、全部自分自身の責任です。相手のせいばかりしているようでは本当の愛を掴むことは難しいかも知れませんね。とにかく謙虚で相手を思いやり、相手の心を帰るくらいの勢いが必要です。そして、彼氏の尊敬するところを常に持ち続けていくことも必要です。