喧嘩といってもいろんな理由で一緒にいればいるほど、相手を思えば思うほど喧嘩をしてしまうものです。
他人から聞いたらそんな理由でとか、仲良いからするんだよ。って言うよいな喧嘩はとちらかが謝ったり、気分転換にどっかに出かけたりするのもいいと思います。
逆に喧嘩が長くなったりどちらかが距離をとってしまうとタイミングがなくなったりしてしまうので、そっとたわいもないなにか飲むなどの話しをしたり自然に仲直りするといいと思いたす。
どちらかの勘違いで喧嘩になることもあります。相手を想うあまりに疑ったりヤキモチをやいたりしての喧嘩もあります。一方的に熱くなってしまい色々言ってしまったり、相手が黙りこんでいるとそれきまたムカついたり、強い口調になってしまったりしてしまいます。一方的に言っていても解決しないので一回深呼吸をし落ち着きましょう。自分が思っていること相手に確認したいことを言い、相手の言い分も聞きましょう。きっと勘違いしてる部分もあると思うので、冷静になれているなら間違っていったことは謝りましょう。しっかり目を見て納得いくまで話しあとから言わない約束をしお互いが納得するならそこで目を見て仲直りをしましょう。
LINEや電話など一緒にいない時の喧嘩は一緒にいない分相手の表情や行動がわからず途中で返事を返さなかったり、無言になったりしがちです。LINEなどの言葉だけだと冷たく感じだりしてしまうし、文として残ってしまうので面と向かって喧嘩してない分言いたいこともいいやすいし、逆に言えなかったり相手の表情を見れない分返事が返ってこないと不安になったり何回も送ってしまったりするので、近場にいたり会える距離にいるなら会いに行き、面と向かって話すのが1番です。
喧嘩することはいいことだし、時には仲を深めたりすることもあります。なかなか言えない本音を話しあったり誤解しあってたことをか解決したりできるからです。喧嘩するときも仲直りするときも相手の目を見てし、仲直りの時は手を取り合い触れて仲直りをしましょう。意地を張り続けず素直になるのが1番です。1度喧嘩した内容のことを掘り起こさず気分転換に出かけたり、出掛ける予定を立てたり楽しいことを2人で共用できることをしたり、好きなものを食べにいったり2人で一緒に楽しみましょう。仲直りは喧嘩をしたその日のうちに、長引かさないようにしその喧嘩をなるべく短時間で解決できるように、謝ることはとても大切なことなので目を見て喧嘩の最後は謝りましょう。